カートに追加しました

比較表に追加しました

rBC2LCN-635 (AiLecS1-635) rBC2LCN-635 (AiLecS1-635)

細胞染色用
for Cell Staining
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
185-03161
JAN
4548995041081
100μL
希望納入価格
30,000 円

20以上

販売元
181-03163
JAN
4548995041098
100μL×5
希望納入価格
120,000 円

8

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 未分化細胞を特異的に認識する組換え体レクチン, rBC2LCNをCy5領域の蛍光色素でラベル化しています。rBC2LCNは、Burkholderia cenocepacia由来のレクチンであるBC2L-CのN末端ドメインを大腸菌で発現させた組換え体レクチンです。BC2LCNはヒトES・iPS細胞の細胞表面に存在する糖鎖を特異的に認識します。本品は、蛍光ラベル化されており、そのまま適当な濃度でヒトES・iPS細胞と混合することで、細胞を生きたまま解析することができます。また、本品の共存下で数日間培養を続けても細胞毒性は確認されておりません。本品は細胞染色、フローサイトメトリーのいずれにもご使用いただけます(Excitation=634nm, Emission=654nm)。
未分化ヒト多能性幹細胞検出・除去試薬
<特長>
●使用方法が簡単
 細胞固定せずに、培地添加30分後に蛍光を観察可能
●未分化ヒトES細胞・ヒトiPS細胞を検出できる
●細胞を生きたまま染色できる
●培地交換後も染色が持続する
●細胞染色、フローサイトメトリーに使用可能
●細胞毒性が低い
(和光純薬時報 Vol.83, No.3(2015), p18)
(Wako BioWindow MAR.2015/No.135, p21)
(Wako BioWindow 2015.7/No.138, p4)

物性情報

外観 青色の液体
濃度 0.08~0.12mg/mL

製造元情報

別名一覧

  • AiLecS1-635
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。