自動細胞イメージングシステム ImageXpress Pico

モレキュラーデバイスジャパン株式会社
ImageXpress Pico
  • 画像取得・解析ワークフローの時間短縮と効率化を実現
  • 解析後のヒートマップや散布図、棒グラフの生成が容易
  • 様々なニーズに対応したオプション

概要

ImageXpress® Picoはワークフロー化された画像取得とユーザーフレンドリーな解析インターフェイスで、誰でも簡単に、論⽂やプレゼンテーション等に使える高品質な細胞画像解析データを作成できるイメージングシステムです。

特長

  • サンプルの画像取得から解析、また発表用のグラフ作成まで、たったの数クリックで簡単操作
  • 6~384ウェルのマルチウェルプレートや、スライドガラスにも対応
  • 簡単なセルカウントから高度な神経突起トレーシングまで、25種類以上の解析プロトコルを搭載
  • 環境制御モジュールを使用して最適条件を維持しながら生細胞実験を実施
  • Zスタック画像取得を用いて、より正確なセグメンテーションに適した鮮明な画像を生成

主な仕様

撮影モード 透過光 (明視野)、カラー (RGB)、蛍光
光源 High-power LED (寿命20,000 時間以上)
カメラ Sony CMOS (5 メガピクセル)
対物レンズ ユーザーが交換可能な対物レンズ搭載の6ポジション自動ターレット:FLUOTAR
4x/NA 0.13、10x/NA 0.32、20x/NA 0.40、40x/NA 0.60、63x/NA 0.70 (Leica Microsystems)
チャンネル DAPI、FITC、TRITC、Texas Red、 Cy5、CFP、透過像、RGB
オートフォーカス ハードウェアまたはハードウェアとイメー ジベースの併用
対応サンプルフォーマット 6~384ウェルプレート、スライドガラス (25 mm x 75 mm)
対応OS Windows 10 (メインPC)、Windows 10もしくはmacOS (クライアントPC)
温度制御 室温+8℃~40℃の範囲で設定可能
ガス制御 CO2:環境濃度~15% O2:1~15%
湿度制御 サンプルチャンバー内部を基準値85%湿度に能動的湿度制御
寸法 (本体のみ) 55.1 (幅) x 43.5 (奥行) x 45.3 (高さ) cm
重量 (本体のみ) 約38 kg

価格表

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。