次世代DNAシーケンサー ジェナプシス シーケンサー

GenapSys, Inc.
ジェナプシス シーケンサー
  • 高い測定精度
  • CMOSシーケンスチップによる新しい塩基検出技術を使った測定法
  • 現在16M,150bpのチップを用意。将来リリースされるチップ変更によりデータ量拡張可能
    (2020年秋以降 144M, 2x250bp対応チップ提供予定)

概要

ジェナプシス シーケンサーは、小型で、測定精度の高い、しかも、手頃な価格のDNAシーケンシングを提供します。
このシステムは、実績のあるSBS (Sequencing-by-Synthesis) ケミストリーとGenapSys社独自のNGSテクノロジーであるCMOSシーケンスチップにより単一ヌクレオチドを電気的に検出します。
CMOSシーケンスチップは、シンプルな流体工学設計、CMOSベースの検出器 (相補型金属酸化物半導体) で構成され、可動部品はありません。測定の全てがCMOSシーケンスチップ内で完結されるため、装置もコンパクトで、使いやすく、メンテナンスフリーです。
配列決定は、拡張可能な検出器を備えたマイクロ流体チップで実行され、特定のアンプリコンのターゲット配列決定からゲノムスケールのデータ収集までのアプリケーションを可能にします。

特長

  • 19 cm x 30 cm x 14 cmのA4サイズのコンパクト設計
  • CMOSシーケンスチップによる新しい塩基検出技術を使った測定法
  • 現在16M,150bpのチップを用意。将来リリースされるチップ変更によりデータ量拡張可能
    (2020年秋以降 144M, 2x250bp対応チップ提供予定)
  • 高い測定精度
  • 自動化されたワークフロー
  • 感染症、医学、農学など広い分野で応用可能

CMOSシーケンスチップによる新しい塩基検出技術を使った測定法

CMOSシーケンスチップには、数百万のセンサーがあり、それぞれにクローン増幅されたビーズがロードされます。各センサーの電極は、ヌクレオチドがビーズ結合テンプレートの間に組み込まれたときのインピーダンスのわずかな変化を測定します。

そして、測定されたインピーダンス値は階段状のグラフを形成し、この信号の大きさが組み込まれたヌクレオチドの数と相関します。

高い測定精度

このシステムは、高品質のシーケンスデータを生成でき、さらに、まれにみられるバリアントや転写産物の検出に必要な高解像度と分析感度を提供します。平均塩基長が150 bp以上のQ30を超える塩基の80%を超える配列データを定期的に生成します。外部ラボで生成されたゲノムライブラリからのデータの例を以下に示します。

1.6Gb実行出力、11.2M読み取り

高い精度: > 80%の塩基> Q30と、外部評価での多数のアプリケーションによって検証
      > 150塩基対の平均リード長を超える配列データを常に発信

現在16M,150pbのチップを用意。将来リリースされるチップ変更によりデータ量拡張可能

  • 様々なチップ構成で、装置のアップグレードを必要とせずに、がんパネルからの全ヒトのExomesおよびゲノムに至るまで、1台で測定可能
  • 10年以上の学術的開発から最高の結果を出したユニークな半導体ベースのソリューション
  • 光学的シーケンスを使用せず電子的シーケンスを採用しているため、過剰なサンプルのバッチ処理を必要とせずに、費用対効果が高い

自動化されたワークフロー

STEP1.ライブラリの準備

シーケンサーは、幅広いライブラリ調製方法と互換性があります。複数のキットでパフォーマンスが実証されています。

STEP2.クローン増幅

簡単な実行セットアッププロセスに続き、プールされたライブラリと試薬キットを追加し、ジェナプシス シーケンス前処理装置が稼働すると、自動で4時間のクローン増幅を行います。これで、シーケンシングのための最終増幅産物の準備が整います。

STEP3.シーケンス

増幅されたサンプルはCMOSシーケンスチップにロードされます。
ユーザーフレンドリーなシステムインターフェースにより、ユーザーは消耗品のロードとセットアップ手順を実行できます。このシステムは、GenapSys社独自の高精度SBSケミストリーを使用して、高品質のデータを提供します。

STEP4.データ解析

シーケンス結果の出力は、標準のFASTQファイルです。これにより、既存の二次分析ツールをGenapSysデータの分析に利用できます。
最高品質の結果を得るには、GenapSys社独自のクラウドホストソリューションであるGenHubを使用して、GenapSysデータの経験的に導出され最適化されたパラメーターを使用して2次分析を実行することをおすすめします。これにより、高価なローカライズされたサーバーを追加する必要がなくなります。さらに、GenHubは、すべてのFASTQおよびVCFファイルにアクセスするだけでなく、シーケンス実行のステータスをリアルタイムで監視します。

広い分野に応用可能

メンテナンスフリー

ジェナプシス シーケンサーでの測定はチップ内で完結。装置にサンプルや試薬が付着しないため、洗浄の手間やコンタミリスクがありません。

コンパクトな装置

  • ジェナプシス シーケンサー

    寸法:190W x 300D x 140H mm
    重量:4.3 kg

    A4用紙サイズのフットプリント

  • ジェナプシス シーケンス前処理装置

    寸法:285W x 411D x 328H mm
    重量:14.6 kg

    A3用紙サイズのフットプリント

誰でも簡単にシーケンス可能に

ジェナプシス シーケンサーの操作は、本体にセンサーチップをセットするだけなので、熟練のオペレーターは不要です。さらに、ジェナプシス シーケンス前処理装置は、ジェナプシス シーケンサーのワークフローで行う手動クローン増幅ステップを、自動化します (テンプレートの準備と濃縮を自動化)。

このフットプリントの小さいジェナプシス シーケンス前処理装置は、カートリッジベースの試薬を使用し、磁気ビーズ技術により、テンプレート陽性粒子を分離し、サンプルをCMOSシーケンスチップにロードできます。

アプリケーションノート

仕様

ジェナプシス シーケンサー

  • 寸法 (W x D x H) 190 x 300 x 140 mm
    重量 4.3 kg
    電源入力、消費電力 100-240V, 50-60Hz、250W
    制御PC (外付けPC) への要求事項※1
    OS Windows10 Pro
    プロセッサー x64、2.0GHz以上
    RAM 8 GB
    ハードディスク 200 GB
    グラフィックス DirectX9、WDDM1.0ドライバー
    ディスプレイ解像度 1600 x 900
    ブラウザ Google Chrome

ジェナプシス シーケンス前処理装置

  • 寸法 (W x D x H) 285 x 411 x 328 mm
    重量 14.6 kg
    電源入力、消費電力 100-240V, 50-60Hz、250W

共通仕様

動作環境
温度 19~25℃ (22±3℃)
湿度 相対湿度30~75% (結露の無いこと)
標高 2000 m以下
汚染度 2※2
英熱量 853BTU/hr@251W
使用場所 屋内に限る
安全規格

NRTL certified IEC
FCC/IC Approved

  • 1:PCはお客様でご用意ください。
  • 2:汚染度2は、通常私たちが活動している家庭やオフィス環境に相当します。

価格表

関連製品

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。