Crystal Digital™ PCR(クリスタルデジタルPCR) naica® system

Stilla Technologies
naica<sup>®</sup> system
  • 高感度
  • 最大6カラーのマルチプレックスデジタルPCR
  • 使いやすい統合されたシステム

概要

デジタルPCRは、核酸の正確で高感度な定量化に使用される強力なツールです。
naica® systemは、最先端のマイクロ流体技術により、デジタルPCRのワークフローを単一の消耗品チップに統合した使いやすい装置です。

本装置では、サンプルは最初にチップ内のマイクロ流路に流され、液滴結晶(ドロップレット)が形成されます。
ドロップレットは20,000~30,000個生成され、チップ内で2Dアレイに展開されます。

次に、チップ内にドロップレットを保持したままPCR反応を行い、増幅されたターゲットを含むドロップレットとなります。

最後に、これらのドロップレットに励起光を照射し、蛍光を検出することにより、その数を数え、核酸の絶対量を求めます。1サンプルに対し、最大6色の蛍光色素を使用できます。

シンプルな操作により、結果が出るまでの時間を短縮し、貴重なサンプルを節約しながら、高感度で高速なワークフローが実現します。

  • 6-color naica® system workflow

  • The entire naica® system workflow

特長

蛍光6カラー

1回の反応で複数のターゲットを正確に定量化することで、時間と貴重なサンプルの両方を節約できます。naica® systemでは、1つのウェルで最大6つの蛍光を読み取ることができ、複数のターゲットの検出が可能です。特にリキッドバイオプシーなどの少量、貴重なサンプルからより多くの情報を測定することが可能になります。

アプリケーションノート : 6カラ―での EGFR 変異の検出

  • naica® system 3-colorの蛍光チャネル
    naica® system 3-colorの蛍光チャネル
  • naica® system 6-colorの蛍光チャネル
    naica® system 6-colorの蛍光チャネル

結果の可視化

ユーザーフレンドリーなCrystal Miner Softwareは、デジタルPCRの結果を解析するツールです。直感的でわかりやすいビジュアルにより、データを探索するだけでなく、品質管理のためにドロップレットのデータを確認することもできます。 Crystal Miner Softwareは、ターゲット核酸の濃度を測定し、すべての蛍光チャネルの陽性および陰性のドロップレットの自動識別を行います。1D、2D、および3Dでのドットプロット表示に加えて、すべての実験の詳細と結果をエクスポートすることが可能です。

  • 各蛍光の1Dデータ
    各蛍光の1Dデータ
  • 2Dデータの表示とドロップレットの確認
    2Dデータの表示とドロップレットの確認

精度、正確度、感度の向上

デジタルPCRは、多くの分子アッセイでその適応性が証明されており、現在では、レアな対立遺伝子や変異の検出だけでなく、遺伝子型決定、絶対定量、コピー数の変動などにも信頼できる方法として使用されています。 naica® systemは、次のような様々なアプリケーションで使用されています。

  • がんとリキッドバイオプシー
  • 細胞治療、遺伝子治療
  • ゲノム編集
  • 感染症
  • GMO(組換え作物)
  • 環境DNAの検出

簡単な操作

高性能なイメージング、最大6つの蛍光チャネルを使用できる柔軟性、および分析用の独自のソフトウェアを組み合わせたnaica® system は、デジタルPCRアッセイをシンプルで簡単なものにします。
naica® systemを操作するために必要な技術的専門知識はほとんどありません。簡単なピペッティング手順とチップの機器へのセットにより、数分のハンズオン時間でアッセイを実行できます。

ワークフロー

  1. サンプルのピペッティング

    サファイアチップのウェルにサンプルミクスチャーを1回のピペッティングで分注。

    00001_img12.jpg
  2. ドロップレットの生成とPCR

    サファイアチップを“ナイカジオード”にセット。ドロップレットの生成とサーマルサイクリングのプログラムをスタートする。
    各サンプルから約30,000個のドロップレットが生成され、その後、すぐにPCRが行われる。

    00001_img13.jpg
  3. 測定

    サファイアチップを“ナイカプリズム3”クリスタルリーダーに移す。
    3つの蛍光チャンネルを使い、サファイアチップのドロップレットを測定する。

    00001_img14.jpg
  4. データ解析

    直感的なユーザーインターフェースを持った”クリスタルマイナー”ソフトウェアを使い、自動的にターゲットの核酸の濃度を測定する。(5分)

アプリケーションノート

Stilla社作成

3-Color Crystal Digital PCR assays for EGFR mutation detection
English日本語
Detection of HER2 Copy Number Variation
English日本語
Droplet Recovery With Crystal Digital PCR
English日本語
Effect of Inhibitors Crystal dPCR vs qPCR
English日本語
Crystal Digital PCR Using EvaGreen
English日本語
RNA quantification with Crystal RT-dPCR
English日本語
Drop-off Crystal Digital PCR detects NRAS, KRAS & EGFR mutations
English日本語
Detection of African swine fever virus ASFV using Stilla Naica digital PCR method
English日本語
3-Color Crystal Digital PCR assays for HPV16 and HPV18 detection
English日本語
A 3-color Crystal Digital PCR kit for detection of COVID-19
English日本語
Detection of hypermethylated circulating tumor DNA
English
Fast, convenient, and accurate monitoring of chimerism after hematopoietic stem cell transplantation
English
High multiplex, ultrasensitive EGFR detection using the EGFR 6-color Crystal Digital PCR™ kit
English
High multiplex, ultrasensitive EGFR detection using the EGFR 6-color Crystal Digital PCR™ kit
English

富士フイルム和光純薬作成

Crystal Digital PCRによるmRNAの定量
日本語
1-step RT-PCRによるmRNAの定量
日本語
混合DNAサンプル中の微小ターゲットの定量
日本語
特定微生物種の網羅的検出
日本語
SARS-CoV-2の定量
日本語

テクニカルノート

How to characterize the Limit of Blank and the Limit of Detection?
English
How to Quantify Drop-Off digital PCR assays with Crystal Miner
English
Precision performance of Crystal Digital PCR™ vs. quantitative PCR
English
Evaluation of the Intra-run repeatability of Crystal Digital PCR™
English
Accurate Crystal Digital PCR™ quantification of a human target gene using the naica® PCR MIX and EvaGreen®
English
Sensitive & flexible Crystal Digital PCR™ quantification using the naica® multiplex PCR MIX
English
Robust and sensitive 6-color Crystal Digital PCR™ using the naica® multiplex PCR MIX
English
Guidelines for 3-color multiplex assay design for optimized performance with Crystal Digital PCR™
English
How to generate a fluorescence compensation matrix for multiplex assays on the naica® system
English
Guidelines for 6-color multiplex assay design for optimized performance with Crystal Digital PCR™
English

システム構成

naica® system は、3カラ―対応、6カラー対応の2機種のラインアップです。
消耗品のチップは1枚4サンプル処理のSapphire Chipと1枚16サンプル処理のOpal Chipの2種類です。1台の装置でどちらのチップも使用可能です。
他にデジタルPCR用の専用試薬として、プローブ法用のnaica® multiplex PCR MIX 、インターカレート法用のnaica® PCR MIX があります。各試薬とも5X、10Xとなっており、テンプレートDNA量を多く使用できます。

本体

製品コード 品名 数量
- naica® system 3-color 1セット
- naica® system 6-color 1セット

消耗品

製品コード 品名 数量
551-41061 Sapphire Chip (12個入り、48回用) 1箱
558-41071 Opal Chip (12個入り、192回用) 1箱
- naica® multiplex PCR MIX 5X (プローブ法用) 0.75 mL
- naica® multiplex PCR MIX 5X(プローブ法用) 1.5 mL
- naica® multiplex PCR MIX 10X(プローブ法用) 0.375 mL
- naica® multiplex PCR MIX 10X(プローブ法用) 0.75 mL
- naica® PCR MIX 5X(インターカレート法用) 1.5 mL
- naica® PCR MIX 10X(インターカレート法用) 0.75 mL

主な仕様

naica® system 6-color

  • サンプル処理数 Sapphire Chip 12 samples (3 chips) / run 36 samples / day (3 runs)
    サンプル処理数 Opal Chip 48 samples(3 chips) / run 144 samples / day (3 runs)
    検出時間 20分以内 (サンプル数と蛍光色素数による)
    蛍光色素 FAM, YY®, Atto550, ROX, Cy®5, Atto700

naica® system 3-color

  • サンプル処理数 Sapphire Chip 12 samples (3 chips) / run 36 samples / day (3 runs)
    サンプル処理数 Opal Chip 48 samples(3 chips) / run 144 samples / day (3 runs)
    検出時間 20分以内 (サンプル数と蛍光色素数による)
    蛍光色素 FAM, Cy®3, VIC, HEX, Cy®5

Sapphire Chip

  • サンプル処理数 4 samples / chip
    分注容量 25 μl / sample
    ドロップレット数 < 28,000 / sample
    ダイナミックレンジ ~ 5 log

Opal Chip

  • サンプル処理数 16 samples / chip
    分注容量 7 μl / sample
    ドロップレット数 < 20,000 / sample
    ダイナミックレンジ ~ 5 log

関連製品

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている製品について
    【試薬】
    試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    試験研究用以外にご使用された場合、いかなる保証も致しかねます。試験研究用以外の用途や原料にご使用希望の場合、弊社営業部門にお問合せください。
    【医薬品原料】
    製造専用医薬品及び医薬品添加物などを医薬品等の製造原料として製造業者向けに販売しています。製造専用医薬品(製品名に製造専用の表示があるもの)のご購入には、確認書が必要です。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。