APURESのミニ豚MICROPIG由来研究用皮膚

  • FCM(FranzCellMembrane)無料サンプル提供中

韓国籍生体試料メーカーであるAPURESは、医療用/実験用ミニ豚の開発と大量生産技術を確保し、所有している2種を国際連合食糧農業機関 (FAO) 家畜多様性情報システム (DAD-IS) に登録しております。

ミニ豚MICROPIGは解剖生理学的に人間と類似しており、医薬品の治療メカニズム研究に有用で、有効性及び安全性評価などの試験結果を人に適用できるほどの信頼性を有しております。また、人間疾患と類似の病態生理を持っている疾患モデルの再現が可能で新薬開発の効能検証に有用な実験動物です。

APURESのミニ豚MICROPIGの特性

  • バイオ人工臓器研究, 新薬開発のための非臨床試験, 生体医療技術開発及び医療実習対象に利用する平均60kg以下の遺伝形質が固定された医療・実験用小型豚
  • 人間と類似性を持っている非齧歯類実験動物モデルに対する需要を満たすために開発され、薬理/毒性/効能及び医療機器, 化合物などの生物医学研究からバイオ人工臓器, 人体移植材開発などまで研究範囲が拡大
  • 国際連合食糧農業機関の家畜多様性情報システム (FAO DAD-IS) に登載され、国際的に公認されたAPURESの独立的な固有品種
サービス メーカー
ミニ豚由来Bio Membrane (Franz Cell Membrane:FCM) APURES Co., Ltd.

各メーカーの特徴

主な研究分野例

ミニ豚を活用して、異種臓器、 非臨床試験、Bio Materialなどの活発な研究開発が進行中です。

受託サービスに関するお問合せ先

お問合せ窓口