クロスカップリング反応

カップリング反応は有機合成の基本となっており、効率的な分子設計を考える上で強力なツールとなります。ノーベル賞を受賞した各種クロスカップリング関連の触媒や、反応の進行に影響を与える各種配位子、不安定なアルキルホスフィンをシリカゲルに固定化した配位子であるSilicaSMAP、鈴木-宮浦カップリングでご活用いただける多種多様なボロン酸・アクティブボロン酸などをご紹介しています。その他にもC-H activation、オレフィンメタセシス、檜山カップリングに用いる反応剤や触媒なども併せてご確認いただけます。ビアリール化合物(Ar-Ar)をはじめとする各種結合を、比較的温和な条件で実施されたい場合にご活用ください。