縮合反応

酸性、高温条件下での脱水縮合を避けて、温和な条件でエステル結合やアミド結合を構築したい場合は、縮合剤を用いたプロセスが有効です。後処理を簡便にしたい、ラセミ化を抑制したい、立体的に込み合った部位を反応させたいなど、用途や基質に応じて適切な縮合剤を選択するとよい結果が得られます。当社では各種の縮合剤を取り揃えており、ペプチド合成から一般的な有機合成まで幅広くご活用いただけます。詳細については各ラインアップをクリックしてご確認ください。