イオン液体

イオン液体を構成する化学種はカチオンとアニオンです。
典型的カチオンの基本骨格は「イミダゾリウム系」「ピリジニウム系」「ピロリジニウム系」「ピペリジニウム系」「アンモニウム系」「ホスホニウム系」で、側鎖のアルキル基をデザインすることで結晶化のしにくさ、ガラス転移温度や融点、粘度などの物性を制御することが可能です。
典型的なアニオンは、ハロゲン化物イオン、テトラフルオロボレート、ヘキサフルオロホスフェート、ビス(トリフルオロメチルスルホニル)アミドが挙げられます。ハロゲン化物イオン液体は、他のアニオンに比べて、一般に、高融点、高粘性率、高吸湿性などの欠点がありますが、極性は高いイオン液体として注目されます。また、ビス(トリフルオロメチルスルホニル)アミドをアニオンとするイオン液体は吸湿性が低く、低融点、低粘性率を示すことで知られます。

当社では、多数のイオン液体を取り扱っています。ご希望のカウンターカチオンとカウンターアニオンの組み合わせでお選びください。

参考文献

西川 恵子、大内 幸雄 他:「イオン液体の科学-新世代液体への挑戦-」 (丸善出版株式会社) (2012).