逆転写酵素・キット

逆転写酵素(Reverse Transcriptase)はRNAを鋳型として、相補的DNA(complementary DNA/cDNA)を合成する酵素です。逆転写酵素はRNAウイルスであるレトロウイルスから発見されました。レトロウイルスは宿主細胞に感染すると、ウイルス内にある逆転写酵素を用いて、自身のゲノムRNAをcDNAに変換します。現在では、このレトロウイルスの逆転写酵素を使ってin vitroでもcDNA合成を行うことができるようになり、RT-PCR(Reverse Transcription-PCR)による遺伝子発現解析などに欠かせないツールとなっています。
当社ではニッポンジーン製の汎用的な逆転写酵素や、cDNA合成キットを取り扱っております。