in situ ハイブリダイゼーション

in situ ハイブリダイゼーション (ISH) 法とは、組織中のRNAまたはDNAが存在する"原位置 (in situ) "をRNA-RNA、RNA-DNA、DNA-DNA ハイブリダイゼーションにより検出する方法です。組織切片を用いて特定遺伝子を検出することができ、特に発生分化、形態形成の研究においては、必要不可欠な方法となっています。ニッポンジーンではISH法に使用される試薬を溶液毎に販売しております。