遺伝子検査試薬

平成13年4月より、遺伝子組換え農作物およびその加工品について、JAS 法の品質表示制度に基づいた表示の義務化が導入されました。それに伴い、農林水産省、消費者庁および厚生労働省よりそれぞれの農作物に対して遺伝子組み換えであるかどうかを調べる検査方法が発表されています。ニッポンジーンの遺伝子組み換え生物(Genetically modified organism/GMO)検知試薬は、これらの方法に準拠した試薬となっています。