核酸電気泳動試薬

核酸電気泳動は、負電荷を有する核酸をアガロースゲルなどの担体中で移動させ、分子量(鎖長)によって分離する方法で、核酸断片の解析や精製に用いられます。実験には担体となるアガロースを始め、電気泳動用バッファー、分子量マーカー、核酸染色試薬などが必要となります。ニッポンジーンではアガロースや電気泳動用バッファー、分子量マーカーなどを厳しい品質管理の下、供給しています。