低酸素応答研究

我々人間にとって酸素は生命の維持に欠かせないものであり、低酸素環境下では酸素の運搬能力を上げるために赤血球数を増やすなど恒常性を維持する機構がはたらきます。

低酸素環境に応答するメカニズムは長年不明でしたが、HIF-1αと呼ばれるタンパク質が低酸素応答を促進する転写因子として同定されました。これまでの研究で低酸素環境はがん細胞に血管新生因子の産生を促したり、代謝シフトを誘導するなどの変化をもたらし、がんの悪性度や治療の抵抗性に影響を与えることが明らかになっており、創薬研究においてもHIFをはじめとした低酸素応答関連因子が注目されています。

当社ではHIF-1を始め、低酸素応答関連因子の抗体やタンパク質、cDNAクローンなどを取り扱っております。