細胞増殖/毒性試験

MTT法やWST法は、還元発色試薬と生細胞中の脱水素酵素活性を利用して、吸光度測定により細胞数を計測する方法です。これらは、測定の手軽さ、安全性、再現性において優れた測定方法であり、細胞増殖試験や薬剤感受性試験など幅広く利用されています。当社では同仁化学の細胞増殖/毒性測定キットを取り扱っております。