タンパク質・ペプチド

タンパク質やペプチドはペプチド結合によって結合した2個以上のアミノ酸の総称です (明確な区別はありませんが100個以上連結したものはタンパク質と呼ばれ、それ以下をペプチドと呼んでおり、ペプチドも鎖長によってオリゴペプチドやポリペプチドなどと呼ばれます)。タンパク質やペプチドは生体反応を触媒する酵素、生体の構成成分、エネルギー源、情報伝達物質など生体にはなくてはならない存在です。