一次抗体 (核内受容体)

核内受容体は、脂溶性低分子の刺激により、転写因子として機能する受容体です。疾患との関係も深く、アメリカ食品医薬品局が認可している医薬品の10%以上が核内受容体をターゲットとしたものであると言われています。
当社では、ペルセウスプロテオミクスの核内受容体に対する優れた抗体を提供しています。

学術コンテンツ

核内受容体とは?

核内受容体とは、脂溶性ホルモン (ステロイドホルモン、レチノイン酸、甲状腺ホルモン、ビタミンD など)と結合する受容体であり、リガンド依存的転写調節因子として,特異的な遺伝子の発現を制御しています。核内受容体はステロイド合成、発⽣・⽣殖、代謝、概⽇リズムなど様々な⽣命現象に関与しており1)、癌や内分泌・代謝疾患などの病態においても重要な病理的作用をもたらし、標的遺伝子と共に疾患における創薬の標的分子になっています。

典型的な核内受容体は、N末端に転写活性化ドメイン(Activation Function-1/AF-1)、受容体中央に特定の遺伝⼦配列に結合するDNA結合ドメイン(DNA-BindingDomain/DBD)とヒンジ領域、C末端に脂溶性ホルモンを認識するリガンド結合ドメイン(Ligand-Binding Domain/LBD)と転写活性化ドメイン(AF-2)で構成されています。

核内受容体のLBDにリガンドが結合、DBDがゲノム上のホルモン応答エレメント(Hormone Response Element/HRS)と呼ばれる領域に結合し、AF-1とAF-2を介して、標的遺伝子の転写を調節しています。ただし例外もあり、DAX-1とSHPはDBDを有していません2)

核内受容体の分類

ヒトの核内受容体は48種類存在し、系統樹解析によりさらに7つのサブファミリーに分けられます2)。核内受容体の分類は以下の通りです。
マウスは49種類、ラットは47種類とされており、マウス・ラットに存在するFXRβ (NR1H5)はヒトでは偽遺伝子(Ψ)となっています。

正式名2) 遺伝子名2)
( )内はペルセウスプロテオミクス社の表記
一般名  リガンド3)
?は参考文献3)にて不明とされている
動物種2)
ヒト マウス ラット
Subfamily 0
NR0B1 DAX-1 DSS-AHC critical region on the X chromosome, gene 1 ?
NR0B2 SHP Small Heterodimer Partner ?
Subfamily 1
NR1A1 TRα Thyroid hormone receptor α 甲状腺ホルモン
NR1A2 TRβ Thyroid hormone receptor β 甲状腺ホルモン
NR1B1 RARα Retinoic acid receptor α レチノイン酸
NR1B2 RARβ Retinoic acid receptor β レチノイン酸
NR1B3 RARγ Retinoic acid receptor γ レチノイン酸
NR1C1 PPARα Peroxisome proliferator-activated receptor α 脂肪酸
NR1C2 PPARβ Peroxisome proliferator-activated receptor β 脂肪酸
NR1C3 PPARγ Peroxisome proliferator-activated receptor γ 脂肪酸
NR1D1 Rev-erbα
(REVERBα)
Rev-Erb α ?
NR1D2 Rev-erbβ
(REVERBβ)
Rev-Erb β ? -
NR1F1 RORα RAR-related Orphan Receptor α レチノイン酸、コレステロール
NR1F2 RORβ RAR-related Orphan Receptor β レチノイン酸、コレステロール
NR1F3 RORγ RAR-related Orphan Receptor γ レチノイン酸、コレステロール
NR1H3 LXRα Liver X Receptor α オキシステロール
NR1H2 LXRβ Liver X Receptor β オキシステロール
NR1H4 FXR Farnesoid X receptor 胆汁酸
NR1H5 FXRβ Farnesoid X receptor-β 胆汁酸 Ψ
NR1I1 VDR Vitamine D Receptor ビタミンD
NR1I2 PXR Pregnane X Receptor 生体異物
NR1I3 CAR Constitutive Androstane Receptor アンドロスタン
Subfamily 2
NR2A1 HNF4α Hepatocyte Nuclear Factor 4 α 脂肪酸
NR2A2 HNF4γ Hepatocyte Nuclear Factor 4 γ 脂肪酸
NR2B1 RXRα Retinoid X Receptor α 9-cis-レチノイン酸
NR2B2 RXRβ Retinoid X Receptor β 9-cis-レチノイン酸
NR2B3 RXRγ Retinoid X Receptor γ 9-cis-レチノイン酸
NR2C1 TR2 Testicular Receptor 2 ?
NR2C2 TR4 Testicular Receptor 4 ?
NR2E1 TLX Tailless Homologue ?
NR2E3 PNR Photoreceptor-specific Nuclear Receptor ? -
NR2F1 COUP-TFI Chicken Ovalbumin Upstream Promoter-Transcription Factor I ?
NR2F2 COUP-TFII Chicken Ovalbumin Upstream Promoter-Transcription Factor II ?
NR2F6 EAR2 V-erbA Related Orphan Nuclear Receptor ?
Subfamily 3
NR3A1 ERα Estrogen Receptor α エストロゲン
NR3A2 ERβ Estrogen Receptor β エストロゲン
NR3B1 ERRα Estrogen-Related Receptor α エストロゲン?
NR3B2 ERRβ Estrogen-Related Receptor β エストロゲン?
NR3B3 ERRγ Estrogen-Related Receptor γ エストロゲン?
NR3C1 GR Glucocorticoid Receptor 糖質コルチコイド
NR3C2 MR Mineralocorticoid Receptor ミネラルコルチコイド
NR3C3 PR Progesterone Receptor プロゲステロン
NR3C4 AR Androgen Receptor アンドロゲン
Subfamily 4
NR4A1 NUR77
(NGFI-Bα)
Nerve Growth Factor-induced Clone IB ?
NR4A2 NURR1
(NGFI-Bβ)
Nuclear receptor related 1 ?
NR4A3 NOR1
(NGFI-Bγ)
Neuron-derived orphan receptor 1 ?
Subfamily 5
NR5A1 SF1 Steroidogenic Factor 1 りん脂質
NR5A2 LRH1 Liver Receptor Homologue 1 りん脂質
Subfamily 6
NR6A1 GCN1
(GCNF)
Germ Cell Nuclear Factor ?
  48 49 47

参考文献

  1. Bookout, AL. et al.:Cell, 126(4), 789 (2006).
  2. Zhang, Z et al.:Genome Res., 14(4), 580 (2004).
  3. Sonoda, J., Pei, L. and Evans, RM.:FEBS letters, 582(1), 2 (2008).