一次抗体 (microRNA)

microRNA は遺伝子発現制御を中心に多岐にわたる生理的役割を担っており、疾患部位においてmicroRNAの発現が顕著に変化することからバイオマーカーへの利用も期待されています。Agoタンパク質はmicroRNAの作用において非常に重要な役割を果たしており、miRNA研究分野において最も有名なタンパク質の1つであると言っても過言ではありません。当社はこのAgoタンパク質に対する高性能な抗体を提供しています。

製品ラインアップ

学術コンテンツ

microRNA は約 22 塩基からなる一群の機能性低分子 RNA で、遺伝子発現を転写後レベルで制御するガイド分子として機能し、さまざまな生体機能を担っていることが報告されています1)。ヒトやマウスでは 1,000 種類以上の microRNA の存在が示唆されており、機能未知な新規 microRNA の同定、疾患に関連する microRNA の機能解明などが世界中で盛んに進められています。また最近では、細胞内だけでなく血液などの体液中にも microRNA が存在することが報告され、がんなど疾患の臨床マーカーの候補分子としても注目を集めています2)

microRNA は細胞中で複数のステップを通して成熟化して RNA-induced silencing complex (RISC) と呼ばれるタンパク質複合体に取込まれ、その主要コンポーネントである Argonaute (Ago) サブファミリータンパク質と結合した後に標的 mRNA と結合して mRNA 鎖を分解する、あるいは翻訳を抑制すると考えられています3-5)(図 1)。

この Ago サブファミリーはヒトで 4 種類(hAgo1-hAgo4)存在し、それぞれがユビキタスに発現しています6)。また一群の Ago サブファミリータンパク質の中で発現量が最も多いのは Ago2 で、唯一標的 RNA を切断する Slicer 活性を有していることから、microRNA パスウェイにおいて中心的な役割を担っていると考えられています7-13)

この Ago タンパク質に対する抗体により、RISC が免疫沈降され、そこから microRNA が回収できること、さらには microRNA の標的になっている mRNA も共沈されることが分かり、Ago 免疫沈降法は microRNA の多彩な機能の解明に必須の方法論となりつつあります14-20)

図1: microRNAの生合成と作用機構

参考文献

1) Bartel, D. P. : Cell , 116 , 281(2004).
2) Cortez, M. A. and Calin, G. A. : Expert Opin. Biol. Ther ., 9 , 703(2009).
3) Hammond, S. M., Bernstein, E., Beach, D. and Hannon, G. J. : Nature , 404 , 293(2000).
4) Hammond, S. M., Boettcher, S., Caudy, A. A., Kobayashi, R. and Hannon, G. J. : Science , 293 , 1146(2001).
5) Gregory, R. I., Chendrimada, T. P., Cooch, N. and Shiekhattar, R. : Cell , 123 , 631(2005).
6) Sasaki, T., Shiohama, A., Minoshima, S. and Shimizu, N. : Genomics , 82 , 323(2003).
7) Pillai, R. S., Artus, C. G. and Filipowicz, W. : RNA, 10 , 1518(2004).
8) Meister, G., Landthaler, M., Patkaniowska, A., Dorsett, Y., Teng, G. and Tuschl, T. : Mol. Cell , 15 , 185(2004).
9) Liu, J., Carmell, M. A., Rivas, F. V., Marsden, C. G., Thomson, J. M., Song, J. J., Hammond, S. M., Joshua-Tor, L. and Hannon, G. J. : Science , 305 , 1437(2004).
10) Song, J. J., Smith, S. K., Hannon, G. J. and Joshua-Tor, L. : Science , 305 , 1434(2004).
11) Meister, G. and Tuschl, T. : Nature , 431 , 343(2004).
12) Hutvagner, G. and Zamore, P. D. : Science , 297 , 2056(2002).
13) Yekta, S., Shih, I. H. and Bartel, D. P. : Science , 304 , 594(2004).
14) Beitzinger, M., Peters, L., Zhu, J. Y., Kremmer, E. and Meister, G. : RNA Biol ., 4 , 76(2007).
15) Karginov, F. V., Conaco, C., Xuan, Z., Schmidt, B. H., Parker, J. S., Mandel, G. and Hannon, G. J. : Proc. Natl. Acad. Sci. USA , 104 , 19291(2007).
16) Easow, G., Teleman, A. A. and Cohen, S. M. : RNA, 13 , 1198(2007).
17) Hendrickson, D. G., Hogan, D. J., Herschlag, D., Ferrell, J. E. and Brown, P. O. : PloS ONE , 3 , e2126(2008).
18) Landthaler, M., Gaidatzis, D., Rothballer, A., Chen, P. Y., Soll, S. J., Dinic, L., Ojo, T., Hafner, M., Zavolan, M. and Tuschl, T. : RNA , 14 , 2580(2008).
19) Chi, S. W., Zang, J. B., Mele, A. and Darnell, R. B. : Nature , 460 , 479(2009).
20) Wang, W. X., Wilfred, B. R., Hu, Y., Stromberg, A. J. and Nelson, P. T. : RNA , 16 , 394(2009).