核磁気共鳴スペクトル測定

核磁気共鳴(Nuclear Magnetic Resonance:NMR)スペクトルについて

核磁気共鳴(Nuclear Magnetic Resonance:NMR)スペクトルは、シグナルの化学シフト値、カップリングや分子内積分比などの情報から分子構造を推定することができるため、有機化学や天然物化学などの分野において、主に分子構造解析を目的とした定性分析に用いられてきました。

1H NMR スペクトル上に観察される個々の水素原子核(プロトン)シグナルの面積比は、分子上のプロトンの数比に比例します。この現象は、分子内だけでなく分子間においても共通であることから、測定対象物質とは異なる濃度または純度既知の内標準物質(qNMR 用基準物質)を添加した試料溶液を調製し、1H NMRスペクトルを測定することによって、qNMR 用基準物質の濃度または純度を基準として、測定対象物質の濃度または純度をシグナル面積比の関係から迅速に測定することが可能です。