オルガノイド/スフェロイド

細胞培養用プレートを使用した二次元培養法は、細胞がプレートの表面に接着し、細胞間の相互作用が起こりにくい環境です。したがって、二次元培養法は必ずしも生体内を反映した培養法ではなく、基礎研究だけでなく医薬品の研究開発においても、大きな問題となっています。
それに対して三次元培養、特に細胞塊(スフェロイド)を形成させる培養方法では、細胞同士の相互作用を促進させられ、また、細胞の形状も生体に存在する状態に近いため、より生体内に近い環境を作ることができ、その細胞が本来持っている機能を発揮しやすいと考えられています。三次元培養することにより、遺伝子の発現レベルが変化し、産生するタンパク質も生体内での状態により近くなり、また細胞の分化も促進されることが分かってきています。
近年、様々な器官におけるオルガノイドを作製する手法が開発されています。オルガノイドとは、生体内の組織や器官をモデルとして、試験管内で複数の細胞種から作製される、生体に類似した構造や機能を有する三次元組織で、スフェロイドをより生体内に近い状態に近づけたものです。オルガノイドは、解剖学的・機能的に生体内に存在する期間に近い特徴を示すことから、感染症や薬剤スクリーニング、毒性試験などの疾患研究や再生・移植医療研究に利用されます。

オルガノイド/スフェロイドのラインアップ