細胞保存液

細胞は生きているため、維持するためには継続して培養し、細胞を継代していくことが必要です。しかしながら、長期間の細胞培養はコストや手間がかかり、細菌や他細胞株の混入、停電、機材の故障による培養中止などのリスクがあります。さらに、長期間の培養の間に、細胞の形態、増殖性、染色体構成、生理活性物質への感受性、抗原性などの特性が変化してしまう危険性もあります。
上記のようなリスクから細胞を守り、コストや手間を低減するために、培養途中の細胞を凍結し、保管します。細胞の凍結保存に際して、凍結融解後の細胞生存率を高めるために細胞溶結保存溶液が用いられています。当社では血清タイプや無血清タイプなど様々な組成の製品を取り扱っております。

学術コンテンツ

細胞凍結保存液 選択チャート

細胞保存液 (常温冷蔵)