JCSS標準液

JCSSとはJapan Calibration Service System の略称であり、計量法に基づく計量法トレーサビリティ制度を表しています。JCSSは「計量標準供給制度」と「校正事業者登録制度」の2本柱から成り立っています。

  ■計量標準供給制度  : 国立研究開発法人産業技術総合研究所が日本唯一の国家計量標準機関として対応しています。

  ■校正事業者登録制度 : 独立行政法人製品評価技術基盤機構 認定センター(IA Japan)が国に代わり運営しています。

弊社はJCSS1)の要求事項(計量法関係法規及びISO/IEC 17025に適合等)を満たしており、国際MRA対応JCSS登録事業者としてIA Japanより認定を受けております。また、JIS Q 0034(ISO Guide 34:2009)を認定基準とする標準物質生産者としても認定を受けております。

弊社の発行する校正証明書には国際MRA対応JCSSのシンボルマークが記されています。

1) JCSSはILAC/APACの国際相互承認(MRA:Mutual Recognitioin Arrangement)に対応しており、弊社の発行する校正証明書の値付け結果はILAC2)/APAC3)のMRAを通じて、国際的に受け入れ可能です。(ISO Guide 34はILACのMRA対象外です。)

2) ILAC:国際試験所認定協力機構

3) APAC:アジア太平洋認定協力機構

JCSSトレーサビリティ体系

JCSS標準液の製品ラインアップ