MHCⅠ・Ⅱ, MHCⅠテトラマー試薬, FcRn

ImmuniTrack ApS はMHCⅠ、MHCⅡ、FcRnを開発・製造しており、独自のプラットフォーム(Neoscreen™)を用いたMHCⅠ・Ⅱの抗原探索を受託しているCROです。

細胞免疫研究、ワクチン開発、抗体医薬開発に最適な製品群をラインアップしています。

MHC : MAJOR HISTOCOMPABILITY COMPLEX
主要組織適合遺伝子複合体

  • MHCⅠ

    ほぼすべての有核細胞と血小板の表面に存在するタンパク質。

    主な機能

    細胞内に感染したウイルスがん細胞内のタンパク質由来ペプチドを細胞外に提示します。

    MHCⅠにより細胞外に提示されたペプチドは、CD8+ T-Cellによって認識され、ウイルス感染細胞やがん細胞の排除に役立ちます。

  • MHCⅡ

    樹状細胞やマクロファージ、活性化T-Cell、B-Cellなどの細胞表面に存在するタンパク質。

    主な機能

    細胞外から接触してきたバクテリア等の外来抗原由来ペプチドを細胞外に提示します。

    MHCⅡにより提示されたペプチドは、CD4+ ヘルパーT-Cellによって認識され、細胞傷害性T-Cell等の免疫細胞の活性化に役立ちます。

血管内皮細胞
Vascular endothelial cells
FcRn

新生児および成人の腸管上皮細胞や血管内皮細胞等に発現する細胞内タンパク質で、MHCⅠに類似した分子構造を持つ。

主な機能

新生児および成人の腸管上皮細胞や血管内皮細胞等のエンドソームに発現しており、IgG(およびアルブミン)と結合します。

腸管上皮細胞ではIgGの生体内への輸送を担っており、血管内皮細胞では細胞内でのリソソームにおけるIgGの分解と血管内への再放出からなるIgGリサイクルの一部を担っています。

抗体医薬品やアルブミン結合製剤の体内半減期の制御に関与していると考えられています。

FcRn : The neonatal Fc receptor
胎児性Fc受容体

Major Histocompatibility Complex

Class I: MHC I

  • Human Murine
    HLA-A HLA-B HLA-C Kb
    A*01:01 B*07:02 C*04:01 Db
    A*02:01 B*08:01 C*07:01 Kd
    A*02:03 B*14:02 C*07:02 Ld
    A*02:06 B*15:01 Dd
    A*02:07 B*18:01
    A*03:01 B*35:01
    A*11:01 B*42:02
    A*24:02 B*44:03
    A*23:01 B*52:01
    A*25:01
    A*31:01
    A*74:01
  • MHCⅠ 製品概要

    • ヒトおよびマウスをラインアップ
    • 大腸菌発現の組換えタンパク質
    • ビオチン化標識済み
    • 使いやすい溶液タイプ
      PBS, pH7,4, 50% glycerol
    • 標準包装 50 μg / 25 - 50 tests
      最大500 μg包装まで取り揃えています。

MHC I モノマー・テトラマー

  • 製品 包装単位 種類
    MHC I 50 μg~500 ug モノマー テトラマー
    peptide complex
  • MHCⅠ モノマー・テトラマー製品概要

    • ヒトHLA-Aアリールを中心にラインアップ
    • ペプチド抗原結合済み
    • 大腸菌発現の組換えタンパク質
    • ビオチン化標識済み
    • テトラマーはPE (Phycoerythrin) 化標識済み
      Ready-to-Use (FCM)
    • 使いやすい溶液タイプ
      PBS, pH7.4, 50% glycerol
    • 標準包装 50 µg / 25 - 50 tests
      最大500 µg包装まで取り揃えています。
    • 受託製造可能

抗原情報

No. アリール 抗原 ペプチド配列 Monomer/Tetramer メーカーコード
1 A*02:01 WT-1 126-134 RMFPNAPYL Monomer IT-A0201_1
Tetramer/PE IT-A0201_1_PE
2 A*02:01 HTERT 615-624 ALLTSRLRFI Monomer IT-A0201_2
Tetramer/PE IT-A0201_2_PE
3 A*02:01 HTLV-1 bZIP 42-50 AVLDGLLSL Monomer IT-A0201_3
Tetramer/PE IT-A0201_3_PE
4 A*02:01 EBV LMP-2 356-364 FLYALALLL Monomer IT-A0201_4
Tetramer/PE IT-A0201_4_PE
5 A*02:01 Topoisomerase II-alpha-b 828-836 FLYDDNQRV Monomer IT-A0201_5
Tetramer/PE IT-A0201_5_PE
6 A*02:01 GPC3 144-152 FVGEFFTDV Monomer IT-A0201_6
Tetramer/PE IT-A0201_6_PE
7 A*02:01 BCR-ABL GVRGRVEEI Monomer IT-A0201_7
Tetramer/PE IT-A0201_7_PE
8 A*02:01 IAPP 5-13 KLQVFLIVL Monomer IT-A0201_8
Tetramer/PE IT-A0201_8_PE
9 A*02:01 Survivin 96-104 LMLGEFLKL Monomer IT-A0201_9
Tetramer/PE IT-A0201_9_PE
10 A*02:01 p53 65-73 RMPEAAPPV Monomer IT-A0201_10
Tetramer/PE IT-A0201_10_PE
11 A*02:01 IGRP 265-273 VLFGLGFAI Monomer IT-A0201_11
Tetramer/PE IT-A0201_11_PE
12 A*02:01 EZH2 666-674 YMCSFLFNL Monomer IT-A0201_12
Tetramer/PE IT-A0201_12_PE
13 A*02:01 Influenza GILGFVFTL Monomer IT-A0201_13
Tetramer/PE IT-A0201_13_PE
14 A*02:01 WT1 37-45 VLDFAPPGA Monomer IT-A0201_14
Tetramer/PE IT-A0201_14_PE
15 A*02:01 HER-2/neu 369-377 KIFGSLAFL Monomer IT-A0201_15
Tetramer/PE IT-A0201_15_PE
16 A*02:01 MAGEA3 271-279 FLWGPRALV Monomer IT-A0201_16
Tetramer/PE IT-A0201_16_PE
17 A*02:01 PSMA 27-38 VLAGGFFLL Monomer IT-A0201_17
Tetramer/PE IT-A0201_17_PE
18 A*02:01 gp100 (pmel17) 154-162 KTWGQYWQV Monomer IT-A0201_18
Tetramer/PE IT-A0201_18_PE
19 A*02:01 HIV-1 RT 476-484 ILKEPVHGV Monomer IT-A0201_19
Tetramer/PE IT-A0201_19_PE
20 A*02:01 Survivin-3A 96-104 LTLGEFLKL Monomer IT-A0201_20
Tetramer/PE IT-A0201_20_PE
21 A*02:01 HCMV pp65 495-504 NLVPMVATV Monomer IT-A0201_21
Tetramer/PE IT-A0201_21_PE
22 A*02:01 p53 149-157 SLPPPGTRV Monomer IT-A0201_22
Tetramer/PE IT-A0201_22_PE
23 A*02:01 HIV-1 gag p17 76-84 SLYNTVATL Monomer IT-A0201_23
Tetramer/PE IT-A0201_23_PE
24 A*02:01 p53 103-111 YLGSYGFRL Monomer IT-A0201_24
Tetramer/PE IT-A0201_24_PE
25 A*02:01 NY-ESO-1 SLLMWITQV Monomer IT-A0201_25
Tetramer/PE IT-A0201_25_PE
26 A*01:01 HCMV pp50 245-253 A*01:01 VTEHDTLLY Monomer IT-A0201_26
Tetramer/PE IT-A0201_26_PE
27 A*01:01 MAGE-A3 EVDPIGHLY Monomer IT-A0201_27
Tetramer/PE IT-A0201_27_PE
28 A*02:01 MART1 HC ELAGIGILTV Monomer IT-A0201_28
Tetramer/PE IT-A0201_28_PE
29 A*02:01 MART1 WT EAAGIGILTV Monomer IT-A0201_29
Tetramer/PE IT-A0201_29_PE
30 A*02:01 HBV env 183-191 FLLTKILTI Monomer IT-A0201_30
Tetramer/PE IT-A0201_30_PE
31 A*02:01 S-protein, Hep B vir FLLTRILTI Monomer IT-A0201_31
Tetramer/PE IT-A0201_31_PE
32 A*02:01 EBV_BMLF1 GLCTLVAML Monomer IT-A0201_32
Tetramer/PE IT-A0201_32_PE
33 A*02:01 MAGE-4 GVYDGREHTV Monomer IT-A0201_33
Tetramer/PE IT-A0201_33_PE
34 A*02:01 RHAMM ILSLELMKL Monomer IT-A0201_34
Tetramer/PE IT-A0201_34_PE
35 A*02:01 gp-100 ITDQVPFSV Monomer IT-A0201_35
Tetramer/PE IT-A0201_35_PE
36 A*02:01 MDM2 81-88 LLGDLFGV Monomer IT-A0201_36
Tetramer/PE IT-A0201_36_PE
37 A*02:01 MUC1 LLLLTVLTV Monomer IT-A0201_37
Tetramer/PE IT-A0201_37_PE
38 A*02:01 Rv2715 M. tuberculosis RLPLVLPAV Monomer IT-A0201_38
Tetramer/PE IT-A0201_38_PE
39 A*02:01 TCL170-79 SLLPIMWQL Monomer IT-A0201_39
Tetramer/PE IT-A0201_39_PE
40 A*02:01 SLC45A2 SLYSYFQKV Monomer IT-A0201_40
Tetramer/PE IT-A0201_40_PE
41 A*02:01 CMV IE-1(316-324) VLEETSVML Monomer IT-A0201_41
Tetramer/PE IT-A0201_41_PE
42 A*02:01 IGRP 265-273 VLFGLGFAI Monomer IT-A0201_42
Tetramer/PE IT-A0201_42_PE
43 A*02:01 HBV env 335-344 WLSLLVQFV Monomer IT-A0201_43
Tetramer/PE IT-A0201_43_PE
44 A*02:01 Multi-M YLEYRQVPV Monomer IT-A0201_44
Tetramer/PE IT-A0201_44_PE
45 A*02:01 HBV pol 538 YMDDVVLGV Monomer IT-A0201_45
Tetramer/PE IT-A0201_45_PE
46 A*02:01 TYROSIN YMDGTMSQV Monomer IT-A0201_46
Tetramer/PE IT-A0201_46_PE
47 A*02:01 HPV-E7 YMLDLQPETT Monomer IT-A0201_47
Tetramer/PE IT-A0201_47_PE
48 A*02:01 HCV polyprotein CINGVCWTV Monomer IT-A0201_48
Tetramer/PE IT-A0201_48_PE
49 A*02:01 EBV LMP-2 426-434 CLGGLLTMV Monomer IT-A0201_49
Tetramer/PE IT-A0201_49_PE
50 A*02:01 HBV core protein 18-27 FLPSDFFPSV Monomer IT-A0201_50
Tetramer/PE IT-A0201_50_PE
51 A*02:01 gp100 IMDQVPFSV Monomer IT-A0201_51
Tetramer/PE IT-A0201_51_PE
52 A*02:01 Proteinase 3 pep Pr1 169-177 VLQELNVTV Monomer IT-A0201_52
Tetramer/PE IT-A0201_52_PE
53 A*24:02 CMV IE-1 248-256 AYAQKIFKI Monomer IT-A2402_1
Tetramer/PE IT-A2402_1_PE
54 A*24:02 EBV LMP2 (HLA*24:02) 131-139 PYLFWLAAI Monomer IT-A2402_2
Tetramer/PE IT-A2402_2_PE
55 A*24:02 CMV pp65 QYDPVAALF Monomer IT-A2402_3
Tetramer/PE IT-A2402_3_PE
56 A*24:02 HIV env RYLRDQQLL Monomer IT-A2402_4
Tetramer/PE IT-A2402_4_PE
57 A*24:02 VEGFR1-1084 SYGVLLWEI Monomer IT-A2402_5
Tetramer/PE IT-A2402_5_PE

Class Ⅱ: MHC Ⅱ

  • Human Murine
    DR DQ DP
    DRB1*0101 DQA1*0101 DPA1*0103 I-Ab
    DRB1*0301 DQB1*0301 DPA1*0202 I-Ed
    DRB1*0401 DQB1*0501 DPB1*0401 I-Ad
    DRB1*0701 DPB1*0402
    DRB1*0801
    DRB1*1101
    DRB1*1501
    DRB3*0101
    DRB3*0202
    DRB4*0101
    DRB5*0101
  • MHCⅡ 製品概要
    • ヒトおよびマウスをラインアップ
    • 大腸菌発現の組換えタンパク質
    • ビオチン化標識済み
    • 使いやすい溶液タイプ
      PBS, pH7.4, 50% glycerol
    • 標準包装 50 µg / 25 - 50 tests
      最大200 µg包装まで取り揃えています。

MHC Ⅱ モノマー・テトラマー

  • 製品 包装単位 種類
    MHC Ⅱ peptide complex 50 μg~200 µg モノマー テトラマー
  • MHCⅡ モノマー・テトラマー製品概要
    • マウスI-Abアリールを中心にラインアップ
    • ペプチド抗原結合済み
    • 大腸菌発現の組換えタンパク質
    • ビオチン化標識済み
    • テトラマーはPE (Phycoerythrin) 化標識済み
      Ready-to-Use (FCM)
    • 使いやすい溶液タイプ
      PBS, pH7.4, 50% glycerol
    • 標準包装 50 µg / 25 - 50 tests
      最大200 µg包装まで取り揃えています。
    • 受託製造可能

抗原情報

No. アリール 抗原 ペプチド配列 Monomer/Tetramer メーカーコード
1 IAb GWYRSPFSRVVH MOG 38-49 Monomer IT-IAb_1
Tetramer/PE IT-IAb_1_PE
2 IAb ISQAVHAAHAEINEAGR chicken Ova 323-339 Monomer IT-IAb_2
Tetramer/PE IT-IAb_2_PE
3 IAb MEVGWYRSPFSRVVHLYRNGK MOG35-55 IA-b Monomer IT-IAb_3
Tetramer/PE IT-IAb_3_PE

FcRn: The neonatal Fc receptor 胎児性Fc受容体

  • FcRn 製品概要
    • ヒト、カニクイザル、マウス、ラット、イヌ、ブタのFcRnをラインアップ
    • 大腸菌発現の組換えタンパク質
    • ビオチン化標識済み
    • 使いやすい溶液タイプ
      PBS, pH7.4 -8.5 (製品による), 50% glycerol

SDS-PAGE ゲルシフアッセイにより、FcRnのC末端特異的ビオチン化と、アルブミンおよびIgGに結合することを確認しています。

製品 包装単位 種類
FcRn 400 μg~1000 µg モノマー テトラマー
  • 小包装からバルクまで用意しております。
  • 見積もりにつきましては、当社営業員、また代理店販売員までお問い合わせ下さい。

抗原情報

No. 製品 ビオチン化 メーカーコード
1 human FcRn-human B2M Biotinylated ITF01
Free ITF02
2 human FcRn-mouse B2M Biotinylated ITF03
Free ITF04
3 macaque FcRn-macaque B2M Biotinylated ITF05
Free ITF06
4 mouse FcRn-Mouse B2M Biotinylated ITF07
Free ITF08
5 rat FcRn-rat B2M Biotinylated ITF09
Free ITF10
6 dog FcRn-dog B2M Biotinylated ITF11
Free ITF12
7 pig FcRn-pig B2M Biotinylated ITF13
Free ITF14

FcRn 応用データ

AlphaScreen™ (Perkin Elmer)、Octet® システム (Fortebio)、Biacore® (GE Heathcare Life Sciences) を用いてIgGとの結合活性ゲルシフアッセイにより、FcRnのC末端特異的ビオチン化と、アルブミンとIgGに結合することを確認しています。

  • Octet® システム (Fortebio)
  • AlphaScreen™ (Perkin Elmer)
  • Biacore® (GE Heathcare Life Sciences)

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。