より生体内に近い細胞培養環境をお手元に。 ~ブタ由来組織特異的細胞外マトリックス (溶液・ハイドロゲル)~

Xylyx Bio社 NativeCoat™・ TissueSpec™ ECM

ご使用中の細胞外マトリックスは適切ですか?


生体内において、各臓器・組織ごとに細胞外基質(Extra Cellar Matrix; ECM)の構成成分・組成が異なっており、細胞の増殖・遊走・遺伝子発現に大きな影響を与えていることが知られています。したがって、細胞をより生体内に近い環境で培養するためには、各細胞ごとに適したECMを選択する必要があります。
Xylyx Bio社は、独自の技術によりブタの各組織から ECMを生体内に近い状態で抽出・製品化することに成功しました。生体内により近いECM環境を2つのフォーマットで提供します。

用途と特長

溶液状の試薬
主な用途例
●細胞培養容器・基材表面のコーティング材
●細胞培養培地への添加サプリメント
ゲル状の試薬
主な用途例
●3次元培養基材・オルガノイド形成基材
●ゲル培養
NativeCoat™ Lung ECMをもちいて培養した初代ヒト気管支上皮 (NHBE)には、
肺上皮細胞に特徴的なマーカー遺伝子の発現が確認された。
panKT (), Nkx2.1 ()
左:ゲル化したTissueSpec™ ECM Hydrogel   右:TissueSpec™ Cartilage ECM Hydrogel
をもちいて培養したヒト間葉系幹細胞(hMSCs)は、軟骨へ分化し、GAG発現(:アルシアンブルー染色)が確認された。

NativeCoat™ ECM Surface Coatings TissueSpec™ ECM Hydrogels
フォーマット 溶液 ハイドロゲル
由来 健康なブタの各組織
組織特異的な因子
(成長因子、matricryptic peptidesなど)
2D培養・Microfudics
3D培養・オルガノイド形成
培地添加剤

マトリックス抽出部位

  • 2D ECM Surface Coatings 3D ECM Hydrogels
    NativeCoat™ Blood Vessel ECM
    NativeCoat™ Bone ECM TissueSpec™ Bone ECM Hydrogel
    NativeCoat™ Cartilage ECM
    NativeCoat™ Colon ECM
    NativeCoat™ Esophagus ECM
    NativeCoat™ Heart ECM TissueSpec™ Heart ECM Hydrogel
    NativeCoat™ Intestine ECM TissueSpec™ Intestine ECM Hydrogel
  • 2D ECM Surface Coatings 3D ECM Hydrogels
    NativeCoat™ Kidney ECM TissueSpec™ Kidney ECM Hydrogel
    NativeCoat™ Liver ECM TissueSpec™ Liver ECM Hydrogel
    NativeCoat™ Lung ECM TissueSpec™ Lung ECM Hydrogel
    NativeCoat™ Muscle ECM
    NativeCoat™ Pancreas ECM
    NativeCoat™ Skin ECM TissueSpec™ Skin ECM Hydrogel
    NativeCoat™ Stomach ECM

問題と解決

Problem Solution
Ⅰ型コラーゲンや癌細胞由来タンパク質および化学合成された細胞培養基質には、適切な生理活性因子が欠如しています。 Xylyx Bio社の組織特異的細胞外基質は、目的細胞が本来存在する環境の各種タンパク質や成長因子を含みます。
ウイルス等で汚染された素材を用いることは、その研究の臨床応用への可能性を阻害します。 Xylyx Bio社製品の原材料は、適切な倫理的手続きに基づき調達しています。また原材料となるすべての動物が、病気・ウイルス等に汚染されていないことを確認済みです。
非生理学的な培養基質を用いた細胞培養実験は、生理学的性質を正しく反映しない実験結果を導きます。 Xylyx Bio社の培養基質は、細胞本来の表現型を維持するための理想的な環境を提供します。これは、生理学的により正確で適切なin vitroモデル構築が可能であることを意味します。
製品ロット間における成長因子濃度のばらつきは、実験データの再現性を低下させます。 Xylyx Bio社の培養基質は、異なるロット間にわたって一貫した組成プロファイルを持つため、再現性のある実験結果を導きます。

NativeCoat™ ECM Surface Coating Kit アプリケーションデータ

特長

  • 液体フォーマット試薬
  • 細胞接着関連分子・ matricryptic peptides、各組織特異的な成長因子などを豊富に含む
  • 培養容器表面のコーティング: より生体内に近い足場で細胞の接着や増殖をサポート
  • 培地添加剤: 基礎培地中に含まれていない重要な組織特異的因子や栄養を細胞に供給

使用例1:初代ヒト肝類洞内皮細胞の秩序的な増殖をサポート
      -Culture vessel surface coating(NativeCoat&tarede; Liver ECM)-

Sinusoidal endothelial cell viability
Images courtesy of Nortis, Inc.


Liver Organ-on-a-chipプラットフォーム内で、初代ヒト肝類洞壁内皮細胞を7日間培養した。微小流路をコートしなかった場合、流路外への無秩序な細胞増殖が見られた。一方、NativeCoat™ Liver ECMでコートした場合は、流路内での秩序的な細胞増殖が確認できた。

使用例2:初代ヒト肝細胞のシトクロムP450活性とフィブリノーゲン分泌が改善
      -Media supplementation(NativeCoat™ Liver ECM)-


Hepatocyte function:metabolism & synthesis

HCM培地にNativeCoat™ Liver ECMを添加し、初代ヒト肝細胞を培養することで、(a)シトクロムP450活性および(b)フィブリノーゲン分泌量が改善した。

NativeCoat™ Liver ECM composition & consistency -製品の構成成分とロット間の一貫性-

  • (a) Mass spec profile*

    * partial list of components

  • (b) Key components (μg/mL)

    (c) Collagen (μg/mL)

(a) 質量分析によるプロテオ―ムプロファイルは、 NativeCoat™ Liver ECMが肝臓のECMに特徴的な成分を含んでいることを示した。(b) 重要構成成分含量 (c) NativeCoat™ Liver ECM複数ロット間のコラーゲン含量を定量した結果、複数ロット間で一貫した定量プロファイル結果を得た。

TissueSpec™ ECM Hydrogel Kit アプリケーションデータ

特長

  • ハイドロゲルフォーマット試薬
  • 細胞接着関連分子・ matricryptic peptides、各組織特異的な成長因子などを豊富に含む
  • 細胞のゲル培養や3D培養の足場として使用可能

使用例1:初代ヒト肝細胞培養時のLDL受容体発現とフィブリノーゲン分泌の改善
      -Hepatocyte function in the hydrogel(TissueSpec™ Liver ECM Hydrogel)-

  • (a) Low-density lipoprotein uptake

  • (b) Fibrinogen secretion

初代ヒト肝細胞を3種類のハイドロゲル(1 mm, 4 mg/mL)(TissueSpec™ Liver ECM Hydrogel, Matrigel, collagen Ⅰ)を用いて培養した。その結果、 TissueSpec™ Liver ECM Hydrogelを用いた場合は、他のハイドロゲルを用いた場合に比べ明らかに(a) LDL受容体発現量、(b)フィブリノーゲン分泌量が増加していた。

使用例2:HepG2細胞のシトクロムP450活性とグリコーゲン貯蔵量増加および初代ヒト肝細胞様3次元構造のサポート
      -Liver cell activity in TissueSpec™ Liver ECM Hydrogel-

  • (a) Cytochrome P450 (CYP1A2) activity

    (b) Glycogen storage

  • (c) 3D structure formation

HepG2細胞を3種類のハイドロゲル(1 mm, 4 mg/mL)(TissueSpec™ Liver ECM Hydrogel, Matrigel, collagen Ⅰ)を用いて培養した。その結果、 TissueSpec™ Liver ECM Hydrogelを用いた場合は、他のハイドロゲルを用いた場合に比べ明らかな(a) シトクロムP450活性の増加および(b)グリコーゲン貯蔵量の増加がみられた。また、 TissueSpec™ Liver ECM Hydrogelを用いてHepG2細胞を培養することで、(c) TissueSpec™ Liver ECM Hydrogelで培養したHepG2細胞は、初代ヒト肝細胞と類似した3次元構造を形成した。

使用例3:正常な初代ヒト気管支上皮(NHBE)細胞の機能維持をサポート
      -Maintenance of lung cell identity on thin layer of TissueSpec™ Lung ECM Hydrogel-

  • (a) Epithelial cell gene expression

  • (c) Epithelial cell marker expression

  • (b) Airway progenitor cell maintenance

  • (d) Basal cell enrichment

正常な初代ヒト気管支上皮(NHBE)細胞を、TissueSpec™ Lung ECM HydrogelもしくはMatrigelのゲル上で10日間培養したところ、 Matrigelと比べTissueSpec™ Lung ECM Hydrogelは、 ((a), (b)) NHBE細胞に特徴的な遺伝子・マーカータンパク質の発現を十分に維持し、((c), (d))特にp63陽性の気道基底細胞が大幅に増加した。

使用例4:ヒトiPS細胞からの腸管オルガノイド形成
      -Human intestinal organoids in TissueSpec™ Intestine ECM Hydrogel-

in vitro culture of human intestinal organoids in TissueSpec™ Intestine ECM Hydrogel.

Images courtesy of Dr. Chandan Guha, Department of Radiation Oncology, Albert Einstein College of Medicine

TissueSpec™ Intestine ECM Hydrogelを用いたヒトiPS細胞からの腸管オルガノイド形成過程の光学顕微鏡画像。培養開始後、スフェロイドは徐々に形を変え、22日目および27日目にはスフェロイドの一部から突出した芽のような構造と内腔化が観察された(矢印(黒))。図中のスケールバー(白)は1mm。

Cell Culture Q&A

Q1:組織特異的細胞外基質(ECM)とは何ですか?

組織特異的ECMとは、さまざまな天然の臓器・組織に由来する天然型細胞外基質(ECM)です。この天然型ECMは骨、心臓、肝臓、肺などから直接分離され、細胞培養や組織培養の研究に使用できるよう溶液やハイドロゲルなどの様々な形状に加工されます。
Xylyx Bio社製品は、はじめての方でも容易に使用できるように設計されています。

Q2:組織特異的ECMを用いて細胞を培養することの利点は何ですか?

組織特異的ECM基質は、他の細胞培養基質製品には含まれていない、内因性生理活性微小環境因子を多く含みます。また、腫瘍由来の基底膜抽出物のように、外因性増殖因子等を一切含みません。

Q3:組織特異的ECM製品の原材料は何ですか?

組織特異的ECM製品(NativeCoat™ ECM / TissueSpec™ ECM)は健康なブタの各臓器・組織を原材料としています。Xylyx Bio社では他の動物(ex. ヒト、ウシ)からも組織特異的ECMの分離が可能です。
※現在、日本国内においてはブタ由来の組織特異的ECM製品のみのお取り扱いとなります。その他の動物に由来する組織特異的ECMについてはご相談ください。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

NativeCoat™ ECM Surface Coating Kit

フォーマット:液体
用途例:培養基材のコーティングや培地添加剤

TissueSpec™ ECM Hydrogel Kit

フォーマット:ハイドロゲル
用途例:3次元培養基材・オルガノイド形成基材、ゲル培養
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。