内胚葉分化モニタリングキット

同仁化学 ES/iPS Differentiation Monitoring Kit - Human Endoderm

本キットは培養上清中のマーカータンパク質をELISA(Enzyme-Linked Immunosorbent Assay)法により検出するため、細胞を損なわず継続培養しながら分化の状態をモニターすることが可能です。また、多検体の測定に用いることができるため、分化誘導剤などの薬剤スクリーニングにも有用と考えられます。

特長

  • 内胚葉への分化を特異的に検出できる
  • 細胞を損なわずに継続培養しながら分化状態をモニターすることができる
  • 短時間で多検体の測定が可能

キット内容

●Coated 96-well Strip Plate 1本 ●Washing Buffer 1本
●Standard 1本 ●Storage Buffer 0.5 mL x 1本
●Reagent A 1本 ●Substrate Solution 10 mL x 1本
●Reagent B 1本 ●Plate Seal 3枚

アプリケーション

ヒトiPS細胞を用いた分化日数毎の培養上清中のマーカータンパク質量(A)と内胚葉細胞の割合(Sox17, Foxa2二重陽性細胞)(B)の関係

胚性幹細胞または多能性幹細胞(ES/iPS細胞)は、三胚葉(内胚葉・中胚葉・外胚葉)を経由しあらゆる細胞に分化できるため再生医療の実現化に注目されています。三胚葉の中でも内胚葉由来の細胞は、膵臓や肝臓といった人にとって重要な機能をもつ臓器へと分化する分岐点に位置するため、効率的な分化誘導、分化度の確認は不可欠です。分化度の確認には、指標となるmRNAや細胞内タンパク質の発現量を一定期間ごとに測定し、それらの発現量の変化で判断するため一部の培養細胞を破壊する必要がありました。

本キットを用いて培養上清中のマーカータンパク質を検出することで、ES/iPS細胞から分化した内胚葉細胞の分化度を測定することができます。このマーカータンパク質は内胚葉マーカーであるSox17、Foxa2二重陽性細胞率と相関します。

(A) 分化日数毎の培養上清中のマーカータンパク量(ng/mL)
(B) 分化日数毎の内胚葉細胞の割合(%)

参考文献

H. Iwashita, N. Shiraki, D. Sakano, T. Ikegami, M. Shiga, K. Kume, S. Kume, PloS ONE., 2013, 8(5): e64291.

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。