ヒト間葉系幹細胞培養サプリメント

PL Bioscience社 PL SOLUTION - PL MATRIX

PL Bioscience社は、ヒト間葉系幹細胞培養時のサプリメントを開発・製造するドイツのメーカーです。 独自の技術により開発されたヒト由来細胞用のゼノフリー培養サプリメント「PL SOLUTION」(溶液品)と「PL MATRIX」(凍結乾燥品)をご紹介します。

現在、ヒト幹細胞用の培養サプリメントとしてウシ胎児血清(FBS)が多くの研究室で使われていますが、含有成分濃度にロット間差があるため、ヒト間葉系幹細胞に適するかどうか、ロットチェックが必要でした。

本品は、ウシプリオンタンパク質、ウイルスや病原菌の汚染の恐れがない、ヒト血小板溶解液(hPL:human Platelet Lysate)を原料とした血清代替製品です。hPLは、成長因子やサイトカインを豊富に含んでいるため、異種免疫反応が無いヒト由来細胞用の培養サプリメントとして細胞増殖を促進します。また、本品はヒト間葉系幹細胞の表現型および分化能を維持することが確認されています。

特長

1.幹細胞の増殖促進

2.ヒト間葉系幹細胞の表現型と分化能の維持

3.製造ロット毎に実用試験を実施

使用実績

  • 骨髄由来 ヒト間葉系幹細胞 Human Mesenchymal Stromal Cells from Bone Marrow (hMSC-BM)
  • 臍帯由来 ヒト間葉系幹細胞 Human Mesenchymal Stromal Cells from Umbilical Cord (hMSC-UC)
  • 脂肪組織由来 ヒト間葉系幹細胞 Human Mesenchymal Stromal Cells from Adipose Tissue (hMSC-AT)
  • ヒト 皮膚繊維芽細胞 Human Dermal Fibroblasts (HDF)
  • ヒト由来がん細胞株(A-549, Caco-2, MCF-7, U-251 MGなど)
  • ヒト初代培養細胞(HaCaT, Human Gingiva Fibroblasts HGF )
  • 汎用細胞株(HEK293, CHO-K1など)

使用例

①サプリメント別の細胞増殖


FBS, PL SOLUTIONを添加して、骨髄由来間葉系幹細胞の増殖をpopulation doubling(PD)で比較した。PL SOLUTIONは、FBSよりも細胞増殖を結に亢進することを確認した。

②濃度による細胞増殖速度


MTT assay (培養開始後7日目)により、間葉系幹細胞の増殖を比較したところ、 PL SOLUTION とPL MATRIXを使用した際に、FBSと比較して、濃度依存的な細胞増殖の亢進を優位に確認できた。

③分化能


FBS, PL SOLUTION, PL MATRIXを添加した培地で培養し、表現型と分化能の維持を比較した。PL SOLUTION, PL MATRIXを使用した場合も、FBSと同様に骨細胞および脂肪細胞への分化能を確認できた。

安全衛生に関して

PL Bioscience社は、下記試験を実施し製品を製造しています。

  • ヒト血小板ドナーには感染症ウィルスフリーの確認試験を実施済み
  • マイコプラズマフリー(検出限界以下)
  • 微生物試験済み、エンドトキシンフリー

製品情報

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。