細胞培養容器のコーティングに

フィブロネクチン溶液, ヒト血漿由来

フィブロネクチンは、細胞外マトリクスを形成する糖タンパク質で、分子量約250kDaのポリペプチドが二量体を形成しています。。主に繊維芽細胞、肝細胞、神経細胞などの接着を促進します。細胞膜表面の特異的レセプターであるインテグリンを介し、細胞接着のほか、細胞移動、食作用の促進などに関わり、さらに組織損傷の場においても働いています。

製品情報

  • 濃度:0.5 mg/mL(初回ロット実績値)
  • 組成:20 mmol/L Tris-HCl(pH7.0) + 450 mmol/l NaCl + 12%グリセロール
  • 0.2µmフィルターでろ過滅菌済み
  • -80℃保存(-20℃では1年間安定)

使用法(例)

  1. 4℃あるいは氷上でゆっくりと溶解させる。
  2. D-PBS(-)あるいは培地で目的濃度(5~30 µg/mL)に希釈する。
  3. コートする容器に適量の希釈したフィブロネクチン溶液を加える。
  4. 37℃で2時間あるいは4℃で一晩インキュベートする。
  5. コート溶液を取り除く。
  6. D-PBS(-)などで2~3回洗浄する。
  7. 細胞を播く。

■測定例

フィブロネクチンをD-PBS(-)で各濃度に希釈し、24ウェルプレートに各ウェル当たり0.3 mLずつ塗布し、37℃で一晩インキュベートする。上清を吸引しBSAで不ロッキング後、TIG-3細胞を5×104 個/mL で播き、37℃で90分インキュベートする。未接着細胞を洗浄後、トリプシンEDTA溶液で接着細胞をはがし、細胞数を測定した。

主な使用細胞種

  • 繊維芽細胞
  • 肝細胞
  • 神経細胞

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。