ビタミンB1・B2定量用

酸性ホスファターゼ

ビタミンB1やB2の定量において、高いホスファターゼ活性を利用し、結合型から遊離型へ分解するために使用可能です。
本製品は黄麹菌(Aspergillus oryzae)が産生する酵素であり、多種の酵素を含有しています。

特長

  • 従来ビタミンB1・B2定量に使用されるタカヂアスターゼUと同一酵素であり、同様に使用可能

アプリケーション

A. 酵素溶液の調整

本製品約1gを100 mLの精製水または緩衝液に用時溶解し、pHを4.5付近に調整して、冷所に暫時放置後、濾過または遠心分離し、その上澄液を使用する。

B. 検体との反応

検体をビタミンB1もしくはB2含量が約10 μgとなる様に抽出調製し、この検体が、乾燥酵母や植物組織(大豆など)の抽出液の場合は、本品の1%溶液 0.5~1m Lを加え、40℃で、約5時間作用させる。 動物組織(豚肉、豚肝など)のホモジネートの場合は、1%溶液約10 mLを加え、40℃で、約10時間作用させる。

上記は一般的な使用例です。検体の種類及び、結合型ビタミンB1もしくはB2含有量により異なりますので、必要に応じて、条件の検討を行ってください。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。