セルロース溶解用イオン液体

バイオ燃料として期待されるセルロースは、一般的な有機溶剤で溶解・抽出することは困難です。また、強酸とともに高温・高圧下で処理する既存の技術は、多大なエネルギーを必要とすることが課題として挙げられます。そこで、従来系とは異なる処理方法・材料として、温和な条件下、セルロースを溶解できるイオン液体が注目されています。その用途は、バイオエタノール製造、新素材セルロースナノファイバー製造、天然物抽出等が期待されます。


本製品は、セルロースの溶解に適した4級アンモニウム系のイオン液体です。セルロースなど、バイオマス素材の溶解にご検討ください。

特長

  • 水への溶解性が高い
  • 室温で液体
  • 一般的な四級アンモニウムハライドと同じ溶解性
  • 溶解時、ほとんど分解しない

物性

融点(℃) 分解温度(℃) 粘度(mPa・s)
25℃ 60℃
< -30 170 258 26

プロトコル

【コードNo. 040-34272, 042-34271を用いたセルロースの溶解方法】

イオン液体を100℃に加温した後、セルロースを加えて溶かします。セルロースの溶解は目視で確認してください。

00270_img01.png

注意

  • 1 セルロース溶解度:25wt%(100℃)
  • 2 実際のイオン液体の外観(色)は写真と異なることがあります。
  • 3 使用したセルロースの種類はアビセルです。

【コードNo. 040-34272, 042-34271を用いたイオン液体の回収・再利用方法】

セルロースの溶解に使用したイオン液体は、回収して再利用することが可能です。

00270_img02.png

注意

  • このプロトコルは参考情報です。
  • 実際に使用するセルロースの種類や量などによって実用条件は異なります。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

コードNo. 352-12481, 358-12483は120℃に加熱することでセルロースを溶解することを確認しています。
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。