ART用精製水

その他培地
カタログ番号9307

ART用精製水

Water for A.R.T. Use 1,000 ml
  • Mouse Embryo Test 済み
  • 510(k) 取得済み
記号の説明はこちら
photo-9307.jpg
    • 使用目的
      各施設のプロトコールで要求される非発熱性・医療用注射用水。
    • 品質確認試験
      ロットごとにpH、Osmolality、Endotoxin、Mouse Embryo Test及び無菌性が試験される。USP(アメリカ薬局方)とNF(国民医薬品集)にしたがって定められた"注射用水(WFI)"の基準に合致した、sterile Ultra Pure (UP) waterから製造されている。
    • 保存温度
      15~30℃
    • 有効期間
      6ヶ月
    • 使用上の注意
      ヒトや動物の注射に用いないこと。 無菌的に必要量だけ取り出すこと。 一度取り出した水は元のボトルから除き、ボトルに戻さないこと。 開封後はきつく再封し、室温で光の照射を避けて保管すること。 異物の混在や濁りがみられた場合、着色がみられた場合には使用しないこと。
    • 参照文献
      Rinehart JS, Bavister BD and Gerrity, M: Quality Control in the in Vitro Fertilization Laboratory: Comparison of bioassay systems for water quality. J Vitro Fert Embryo Transfer 5:335-342, 1988
      Fleetham J and Mahadevan MM: Purification of water for in vitro fertilization and embryo transfer. J Vitro Fert Embryo Transfer 5:171-174. 1988
      Bavister BD, and Andrews JC: A rapid sperm motility bioassay procedure for Quality-Control testing of water and culture media. J Vitro Fert Embryo Transfer 5:67-75, 1988
      George MA, Braude PR, Johnson MH and Sweetnam DG: Quality control in the IVF laboratory: in-vitro and in-vivo development of mouse embryos is unaffected by the quality of water used in culture media. Hum. Reprod. 4:826-831, 1989
      Weimer KE, Anderson A and Stewart, B: The importance of water quality for media preparation. Hum. Reprod. Supplement 13, Supple. 4: 166-172, 1998